読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!ライ麦畑でつかまえて

ライ麦畑でつかまえて:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はライ麦畑でつかまえてです。 著者は、J.Dサリンジャーという、有名な本です。読んだ事がない人でも、タイトルは聞いた事があるのではないでしょうか。 主人公のホールデン・コールフィー…

大山哲のこの一冊!チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はチーズはどこへ消えた?です。 著者はスペンサー・ジョンソンという人です。心理学の学位を持つ医師で、他にもいくつかの著書があります。世界47カ国で翻訳され、累計4,600万部という…

大山哲のこの一冊!国家の品格

国家の品格:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は国家の品格です。 著者は藤原正彦です。タイトルや表紙を見ると何やら小難しい本のようで、敬遠してしまう人も多いかもしれませんが、とても深い内容で面白いというのが、率直な感想です。 仕事で…

大山哲のこの一冊!頭がいい人、悪い人の話し方

頭がいい人、悪い人の話し方:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は頭がいい人、悪い人の話し方です。 著者は樋口裕一です。タイトルから想像すると、頭がいい人と悪い人を比較している本なのかなと思ってしまいますが、実際には頭が悪い人を毒舌で…

大山哲のこの一冊!もものかんづめ

もものかんづめ:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はもものかんづめです。 著者は、ちびまる子ちゃんでお馴染みの、さくらももこです。漫画家が書いた本という事もあって、最初はあまり期待していなかったのですが、もものかんづめはいい意味で期…

大山哲のこの一冊!金持ち父さん 貧乏父さん

金持ち父さん 貧乏父さん:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は金持ち父さん 貧乏父さんです。 著者はロバート・キヨサキです。名前を見てもわかるように、日系アメリカ人です。ただし日本語よりも英語が得意なようです。金持ち父さん 貧乏父さん…

大山哲のこの一冊!伝える力

伝える力:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は伝える力です。 「伝える力」はテレビでもお馴染みの池上彰が書いた本です。大山哲もテレビで度々拝見していますが、この人の話はとてもわかりやすく番組にも夢中になってしまいます。だからその人が…

大山哲のこの一冊!グラスホッパー

グラスホッパー:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はグラスホッパーです。 著者は伊坂幸太郎です。角川文庫から出版されていますが、様々なジャンルが盛り込まれた新しい感覚の本という事もあって注目していた一冊です。2008年にはコミック化、20…

大山哲のこの一冊!きよしこ

きよしこ:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はきよしこです。 著者は重松清です。「きよしこ」は、吃音がある少年「きよし」が主人公です。ここでピンと来た方もいるかもしれませんが、大山哲は著者と主人公の名前が同じ事に気づきました。それも…

大山哲のこの一冊!火車

火車:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は火車です。 著者は宮部みゆきです。火車と書いて「かしゃ」と読みます。大山哲は何故このタイトルなのかがすごく気になりました。でもそれは読んでいけばすぐにわかります。簡単に行ってしまうと、カード…

大山哲のこの一冊!それから

それから:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はそれからです。 それから、は誰もが知っていると言っても過言ではない、夏目漱石が書いた本です。 主人公の長井代助は30歳になっても定職にもつかない、今で言うニートをしていました。毎月の生活費…

大山哲のこの一冊!星篭の海

星篭の海:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は星篭の海です。 著者は島田荘司です。探偵の御手洗シリーズの人気作としても注目していました。 星篭の海は、広島県福山市を舞台にしており、ストーリーは、瀬戸内のとある島に次々と死体が流れ着く…

大山哲のこの一冊!流

流:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は流です。 著者は、東山彰良です。第153回直木賞ノミネート作品という事でも話題になりました。1970年代の台湾を舞台にストーリーが展開されていきます。著者の東山彰良は台湾生まれの日本育ちだそうです。 …

大山哲のこの一冊!カラフル

カラフル:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はカラフルです。 著者は森絵都です。この本の主人公が中学3年生という事もあって、同世代の人におすすめしたい一冊でもあります。 ストーリーは自殺をしてしまった主人公の「ぼく」が、死後出会った天…

大山哲のこの一冊!王とサーカス

王とサーカス:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は王とサーカスです。 著者は人気作家の米澤穂信です。ネパールで実際にあった事件をテーマにしています。物語は2001年のネパールを舞台にしています。 主人公は大刀洗万智という、フリー記者を務…

大山哲のこの一冊!無伴奏

無伴奏:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は無伴奏です。 著者は小池真理子です。成海璃子と池松壮亮主演で映画化された事もあり話題になりました。ストーリーは1960年代の仙台を舞台にしており、学生紛争や学生デモ、フォーク反戦集会などがテー…

大山哲のこの一冊!夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は夢をかなえるゾウです。 ジャンルは自己啓発本ですが、ドラマ化やアニメ化されている事もあって、人気がある小説です。著者は水野敬也で、第2弾の夢をかなえるゾウガネーシャと、第3弾の夢を…

大山哲のこの一冊!残穢

残穢:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は残穢です。 残穢は、小野不由美が書いた、日本のホラー小説です。 京都で暮らす主人公は女性の「小説家」です。本来のジャンルは大人向け小説ですが、少女向けのホラー小説を執筆する事もあります。 ホラ…

大山哲のこの一冊!蛇にピアス

蛇にピアス:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は蛇にピアスです。 著者は金原ひとみです。金原ひとみのデビュー作にして、刺青、セックス、DV、そしてタイトルにもなっているピアスをデリケートゾーンにも入れているという衝撃的な内容が話題とな…

大山哲の今日の一冊!オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はオーデュボンの祈りです。 同作品は作者の伊坂広太郎氏のデビュー作で、果たしてどのジャンルに属するのか、簡単な判断が難しい、独自の世界観で物語が綴られています。大山哲流にご紹介す…

大山哲の今日の一冊!すべてがFになる

すべてがFになる:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はすべてがFになるです。 森博嗣氏作が描く密室殺人トリックの推理小説で、ある意味非日常的な舞台設定と物語の展開が、非日常空間へと私達読者を誘ってくれる、ズバリ大変面白い作品だとご紹介…

大山哲の今日の一冊!塩狩峠

塩狩峠:Amazon こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は塩狩峠です。 実話に基づく三浦綾子さん作の小説は後に映画化され、多くの読者や観客の涙を誘った名作として、既にご存知の方も大勢いらっしゃるに違いありません。 日本はこれまで幾つもの悲惨な鉄道事…

大山哲の今日の一冊!のぼうの城

のぼうの城:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はのぼうの城です。 この作品を大山哲流に一言でご紹介するなら「作者の和田竜渾身の戦国エンターテイメント」です。 ちなみに舞台は豊臣秀吉が天下統一を目指し、関東一円の支配者である反勢力の北…

大山哲の今日の一冊!オリンピックの身代金

オリンピックの身代金:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はオリンピックの身代金です。 舞台は1960年代初頭の東京で、奇しくも戦後初の東京五輪開催を控え、高度成長期と称された時代背景が、当時をご記憶の世代の方々には懐かしく思える事でしょ…

大山哲の今日の一冊!名もなき毒

名もなき毒:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は名もなき毒です。 この作品を通じ、作者の宮部みゆきさんが描く世界には、実社会を生きる上で私達が見失いがちな、数多くの教訓が含まれているように思えました。 誰もが少しでも「上に行きたい」…

大山哲の今日の一冊!謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は謎解きはディナーのあとでです。 作者の東川篤哉氏さん2011年の本屋大賞受賞作として知られ、映画化やテレビドラマ化され、いずれも大ヒットを記録した事も記憶に新しい、タイトルか…

大山哲の今日の一冊!夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は夜は短し歩けよ乙女です。 独特の世界観と表現力で読書ファンに知られる森見登美彦さん作の、ジャンルとしては恋愛小説とファンタジー小説のブレンドとご紹介出来る、不思議だけれどグイグ…

大山哲の今日の一冊!白銀ジャック

白銀ジャック:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は白銀ジャックです。 日本を代表する世界的俳優主演と豪華キャストの映画でも話題を呼んだ、東野圭吾氏ならではの本格派推理小説です。 舞台は主人公の倉田玲司の勤務先のスキー場に、ゲレンデの…

大山哲の今日の一冊!イニシエーション・ラブ

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はイニシエーション・ラブです。 イニシエーション・ラブ:Amazon 国民的アイドルの方がグループ卒業後に主演した映画化で、若いファン層にも一気にその作品名が周知された事も、記憶に新しいところですが、ここでご紹介…

大山哲の今日の一冊!空飛ぶタイヤ

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は空飛ぶタイヤです。 空飛ぶタイヤ:Amzon 直木賞受賞作家の井戸潤氏が描く、とまらない企業の不正にスポットを当てた、果てしなくノンフィクションを感じさせる渾身のフィクション作品です。 まるでニュース番組のドキュ…

大山哲の今日の一冊!ノルウェイの森

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はノルウェイの森です。 ノルウェイの森:Amazon あまりにも有名過ぎる作品のご紹介に、数え切れない方々から「もうとっくに読んでるよ」との声が一斉に届きそうですね。 書店に山積みされた表紙の赤と緑を、瞬時に思い出…

大山哲の今日の一冊!白夜行

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は白夜行です。 白夜行:アマゾン これまで作者の東野圭吾さんの作品は数多く読んで来ており、それなりの通を自認している私大山哲が「これぞ東野圭吾の世界」とご紹介したい一冊です。 物語は大阪府の近鉄布施駅前の廃墟…

大山哲の今日の一冊!ワイルド・ソウル

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はワイルド・ソウルです。 ワイルド・ソウル:アマゾン 一気に読み終えた直後、作者の垣根涼介氏が、直訳すれば「豪放な魂」なる日本語が当てはまるタイトルをつけた意図が鮮明に突き刺さった、インパクト十分の作品です。…

大山哲の今日の一冊!坂の上の雲

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は坂の上の雲です。 坂の上の雲:あらすじ紹介ページ タイトルから国営放送でオンエアされ人気を博した、テレビドラマを連想された方も大勢いらっしゃるかと思いますが、ここでご紹介するのは司馬遼太郎氏の手による原作…

大山哲の今日の一冊!江戸を造った男

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は江戸を造った男です。 江戸を造った男:Amazon 高校生直木賞受賞作家として注目を集めた伊東 潤さんがデビュー10周年記念作として書き下ろした渾身の作品です。 一般的には長編時代小説として紹介されていますが、史実…

大山哲の今日の一冊!羊と鋼の森

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は羊と鋼の森です。 羊と鋼の森:Amazon 2016年本屋大賞作として注目の、宮下奈都さんの筆による小説で、発表当初から静かな話題を呼んでいましたが、大賞受賞で一気に衆目を集めたのも記憶に新しいところです。 タイトル…

大山哲のこの一冊!カエルの楽園

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はカエルの楽園です。 カエルの楽園:Amazon 作者の百田 尚樹さんが日本という国、そして日本人を寓話になぞらえて描いたこの作品は、私達に数々の問題定義を届けてくれます。例えばダイレクトに「平和とは」と目や耳にす…

大山哲のこの一冊!海の見える理髪店

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は海の見える理髪店です。 海の見える理髪店:アマゾン 第155回直木賞受賞作の同小説の作者の萩原 浩さんは、親子、夫婦などさまざまな家族関係が織り成す物語を世に送り出し続けられています。 それらはセピア色の世界と…

大山哲のこの一冊!コンビニ人間

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はコンビニ人間です。 アマゾン:コンビニ人間 2016年度芥川賞受賞作として注目を集める同作品は、大学卒業後就職せず、コンビニで働き続ける36歳の女性が主人公の小説です。これまで数々の受賞作を世に送り出された作者…

大山哲のこの一冊!夜は短し歩けよ乙女

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は夜は短し歩けよ乙女です。 みなさんは「森見登美彦」という作家をご存知ですか。 ベストセラー作品も多いので、作品自体を読んだことはなくても、名前を聞いたことくらいはある、という方はけっこういらっしゃるのでは…

大山哲のこの一冊!ガソリン生活

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はガソリン生活です。 Amazon:ガソリン生活 ガソリン生活は2013年に朝日新聞出版から発売された文芸作品になっています。温かいエピソードが詰まっている長編家族小説です。 話は大学生の主人公が偶然出会った女優を目的…

大山哲のこの一冊!新世界より

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は新世界よりです。 「新世界より」は、貴志祐介によるエンターテインメント小説で、2008年に第29回日本SF大賞を受賞した作品です。 Amazon:新世界より 物語の舞台は1000年後の日本、豊かな自然に抱かれた集落です。 主…

大山哲のこの一冊!阪急電車

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は阪急電車です。 有川浩さんが書いた小説で、以前映画にもなりましたからご存知の方がいらっしゃるかもしれませんね。 実は大山哲も、好きな女優さんが何人か出演していたので映画を見に行きました。 この本は、関西のロ…

大山哲のこの一冊!ドンナビアンカ

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はドンナビアンカです。 Amazonページ:ドンナビアンカ ドンナビアンカは41歳の純粋な男と27歳のはかない女が織りなす不器用な愛の形をつづった物語になります。 恋に落ちたことが罪だったのではないかと感じてしまうほど…

大山哲のこの一冊!横道世之介

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は横道世之介です。 吉田修一さんの作品で、もともとは新聞に連載されていた小説で、大山哲は連載当時から読んでいました。 とても印象的だったので、連載終了後に単行本が出版されたときもすぐ買って読んだほど好きな作…

大山哲のこの一冊!フォルトゥナの瞳

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はフォルトゥナの瞳です。百田尚樹さんの作品です。 百田尚樹さんの作品で1番有名なのは、やっぱり「永遠の0」ですかね。百田さんの作品なら、と私、大山哲は読んでみました。 今回は「フォルトゥナの瞳」です。 フォルト…

大山哲のこの一冊!残り全部バケーション

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は残り全部バケーションです。 Amazon:残り全部バケーション 全部バケーションは伊坂幸太郎の2015年の集英社から発売されている文庫本になっています。 5編からなる物語になっていて、当たり屋や強請りを生業とする裏稼…

大山哲のこの一冊!星空のコンシェルジュ

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は星空のコンシェルジュです。 主人公は子供のころに描いた夢をいつからか諦めて、大人になった今は雑誌のしがない編集者。大人になった彼は自分を騙すことで毎日をやりくりしている。 そんな彼は自分に嫌気がさした時、…

大山哲のこの一冊!銀行狐

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は銀行狐です。 池井戸潤の2004年に講談社から発売されたミステリー小説になっています。 2015年のテレビドラマ「花咲舞が黙ってない」のエピソードが収録されています。そして、銀行ミステリーの傑作との呼び声が高い素…

大山哲のこの一冊!探偵の鑑定

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は探偵の鑑定です。 探偵の鑑定は2016年に講談社から発売されているミステリー要素の詰まっているハードボイルド作品になっています。 そして、ランキングの上位を独占するなど、注目度の高い一冊になっています。 紗崎玲…