読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

はじめまして、大山哲です。

みなさん、はじめまして大山哲です。


私がなぜこのようなブログを書き始めたのかと言いますと、少しでも多くの方に本の良さや、わたしのおすすめする本を読んでいただきたかったからです。

わたしは今32歳ですが、わたしが本に出会ったのは中学生の時で、たまたまクラスの本棚にあった鉄道員(ぽっぽや)を読んでそれ以来本が大好きになりました。


ですので、今でも年に30冊、つまり10日一冊ペースで本を読んでいます。その中で、わたしがいいと思った本をピックアップし皆さんにこのブログの中で紹介していこうと思ったわけです。
わたしが読むジャンルの本は、基本的にはバラバラで鉄道員のような文学的な作品を読むこともあれば、ドラマで放送されるような小説、漫画をもとに作られたような小説まではばひろいジャンルの本を読んでいます。
一般的に、社会人になると本を読みたくても時間がなくて読めないと言われていますが、わたしはテレビなどをあまり見ないため、普段みなさんがテレビなどを見ている時間を読書に当てているわけです。

空き時間や、休憩時間、ご飯の時などの時間を有効活用できるのも、読書の魅力の一つと言えます。他の読書のいいところは、人生を有意義に過ごせることです。本には悟りのような力があると考えています。

本は、薄いのに人を楽しくさせたり、喜ばせたり、悲しませたり、感動させたり「魔法」ともいえる力があります。わたしの周りに、本を読み始めて世界が変わったと言う人もいます。
本は、探求し続ければし続けるほど面白いものですので、みなさんもわたしのおすすめする本を読んだり、自分で図書館に行ったり本屋さんで軽く興味のある本を見てみてください。