読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!楽園のカンヴァス

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は楽園のカンヴァスです。

山本周五郎賞を受賞した作品です。
美術館に行ったことがない人も、ルソーを知らなくても楽しめるエンターテインメントで、作者の原田マハさん自身がニューヨークの美術館に籍を置いていたことがある経験がミステリーとしてだけでなく、絵画の知識がなくても面白く読める小説に仕上がっています。
ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはルソーの研究者でもあります。スイスに住む美術商のコンラート・バイラーから所有するルソーの真贋を確かめてほしいと依頼を受けてその大邸宅に向かいます。そこで見た絵は、MoMAが所有するルソーの名画『夢』とほとんど同じ構図、同じタッチとありえない作品『夢をみた』なのでした。
バイラーは、絵の真贋を正しく鑑定できた者にこの絵を譲ると言い、謎の古書をブラウンと、もう一人、絵の真贋の依頼を受けた早川織絵に託します。

 

リミットは7日間。バイラーは死期がせまっていたのでした。


古書はルソーとピカソとの関係、ふたりの秘密、ルソーが愛した人妻のことが7日間にわたった内容のものでした。
本を書いたのがこの人妻であること、『夢をみた』の下にピカソの絵が隠されていること、バトラーとの関係。

本を読み進めるうちに真贋鑑定の依頼を受けたブラウンと織絵の『夢をみた』へ対する愛情、自分の信じる芸術を貫いたルソーに、本物の絵の持っている、人を惹きつける強さを感じずにいられません。

真贋鑑定ではバイラーも、鑑定を依頼された二人にもこれで良かったのだと思わせてくれました。
難しそうな美術の世界ですが、敷居を高くすることなく読んでほしい傑作です。美術の知識も楽しめますし、恋愛要素も楽しめます。