読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!オー!ファーザー

こんにちは。

大山哲が選ぶ今日の一冊はオー!ファーザーです。


伊坂幸太郎さんの作品はたくさん映画化されていて、この作品も重力ピエロで春を演じた岡田将生さんが主演で登場しています。映画は観てないのですがどんな映像になっているのか興味があります。


主人公の由紀夫の母は大変モテる女性で、タイプの全く異なる4人の男性と同時に付き合っていた時に妊娠し、結局その4人は由紀夫の父親として同居生活をしているという設定です。

ギャンブラー、元ホスト、体育教師、大学教授、年齢も性格も職業も全く違う父親との暮らしは普通だったら考えられませんが、伊坂幸太郎さんらしい設定とも言えます。

どんな難問が起こってもこの4人の父親たちがいれば怖いものなしとさえ思えます。


実際に事件が起こっても父親たちがそれぞれの能力を発揮して解決に導きます。4人が協力することでその力はより強く大きくなります。


こんなにタイプの違う男性を虜にした母親はどんなに魅力的だろうと何度も想像してしまいました。

あえて最後に登場させて粋なセリフを言わせています。


最後に由紀夫が、いつかは死という形で4人の誰かと別れて行く未来を想像するところがあるのですが、この4人には誰一人欠けて欲しくない、ずっとみんなで一緒に暮らせればいいのにと、少しつらくなりました。

明るく楽しい中に現実をさりげなく組みこむ手法はさすがです。


伊坂幸太郎さんの作品の多くは、重いテーマが含まれていてもそれによって心が沈まないような明るさと軽快なテンポが魅力ですが、この作品も例外ではなく、ストーリーがユーモラスに進みます。


楽しくなりながらも、時々考えさせられる部分もあって、読み終わった後に爽やかささえ感じられる一冊でした。