読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!きいろいゾウ

こんにちは。

大山哲が選ぶ今日の一冊はきいろいゾウです。映画化されていることでも知られている作品になっています。


動植物の声が聞こえるツマと介護施設で働きながら小説を書いているムコの夫婦の物語になっています。

温かな日常が一通の手紙によって、ずれが生じ始める様子がユーモアを交えながら描かれています。

その中には、二人の思いが詰まっていて、それぞれの愛の形を感じながら読み進めていくことができます。

そして、独特の世界観の中で繊細な描写を使って、すれ違う夫婦のせつなさを感がとれる構成になっています。

 

大きな愛情が表現されています。


西加奈子は夫婦の愛情が交錯する物語に定評がある作家です。1977年のイラン・テヘラン市生まれの大阪育ちで、2004年に「あおい」でデビューしています。


デビューした翌年に発表した「さくら」がベストセラーになったことで、一気に注目が高まりました。そして、2015年に「サラバ!」が第152回直木賞を受賞しています。


プロレスから勇気をもらっているとインタビューでもたびたびこたえるほど、プロレス愛に満ちあふれた人物です。


西加奈子の作品は読むと必ず笑ってしまうので、人前で読むことをためらうという思いを持っている人が多くいます。

そして、人生に迷っている人にそっと救いの手を差し伸べるという思いやりの深さを持ち合わせています。

そのため、西加奈子ワールドに入り込んでしまうという人が続出していて、濃いファンがいることが特徴になっています。
お洒落さを感じることができるストーリーで、人を大切に思う気持ちの素敵さを再確認することができる内容になっています。「きいろいゾウ」に目を通してみてみてください。