読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!レインツリーの国

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はレインツリーの国です。


こちらは小説がお好きな人ならお馴染みの有川浩の作品で2006年に出版されました。

特徴としては同作者による人気のシリーズ「図書館戦争シリーズ」の「図書館内乱」に出てきたエピソードから生まれた話になっていて、作中では架空の小説として出てきましたが、その後に作者自身の手によって書き下ろされたラブストーリーです。


あらすじを簡単に説明すると、自分が好きな小説の感想を求めてウェブサイトを調べていた男性が、自分と似た感想の書かれていたブログを見付けて、そのブログ主である女性と交流を深めていくという話になっています。


ポイントは女性の方が難聴を抱えていることでしょう。

これは話が作られるきっかけになった図書館内乱の中でも重要な意味を持っていて、それも知っておくと作品をより楽しめます。


もちろん、図書館戦争シリーズとはまったく別物なので単独でも十分以上に満足できる作品となっていて、まさに純愛といえる内容です。


ストーリーの基盤が好きな小説を軸にしてはじまること、それでいながらインターネットやブログといったアイテムが出てくるところが現代風であり、やり取りがメールというのも今らしくなっています。


昔は文通からはじまった恋、それが現代ではメールを介して生まれてきて、互いの姿が見えないからこそストレートなやり取りができる一方で、だからこそのジレンマを抱えるのが読んでいてもどかしく、しかし同時に深い共感と感動を生み出してくるでしょう。
ラブストーリーだからと避けずに読んでもらいたい本で、子供なら恋する喜びと切なさを、大人は忘れてしまったピュアな気持ちを感じることができるはずです。