読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!高校入試

女性作家

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は高校入試です。

湊かなえの2013年に角川書店から発売されているサスペンス小説になります。


物語は県内有数の進学校での入試前日からスタートします。

「入試をぶっ潰す」という張り紙を見つけた担当教師。そして、入試当日の最終試験時間の時に持ち込み禁止の携帯電話の音が教室内に鳴り響いたのです。

さらには、ネット掲示板に教師しか知らないような外部に持ち出し禁止の貴重な情報が、次々にアップされていることに気付きます。

誰が犯人なのか、そしてなぜこんなことをするのか、目的は何なのかなど謎が謎を呼び、スピーディーな展開が繰り広げられています。

また、事件に振り回される学校と、思惑を抱えた受験生を織り交ぜながら進んでいきます。
湊かなえは映画「告白」の原作者として知られている作家になります。圧倒的なインパクトを残す独特の作風が特徴になっていて、センセーショナルな作品と話題を呼んでいます。

そして、ページをどんどんめくってしまいたいという衝動になる作品を、多く残していることでも知られています。

また、様々な視点で描かれることによって、内容を多面的に見せてくれるという手法が使用されています。人間の真実を描く筆力に定評があります。1973年生まれで、広島県生まれで現在は淡路島在住になっています。

そして、結婚後に脚本から書き始めたという経歴を持っています。


大山哲はこの高校入試がとても気に入りました。毎日読み進めていくことが楽しくて仕方がありませんでした。

そのため、まだ読んでいないという方にはぜひ読んでほしいので、湊かなえ高校入試を強くおすすめします。

大山哲の大推薦の一冊になっています。