読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!夢を売る男

男性作家

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は夢を売る男です。

百田尚樹さんの作品で、出版社や作家志望者を取り巻く世界を舞台にしている小説です。


百田尚樹さんの作品は何冊か読んでいるのですが、この夢を売る男もなかなかインパクトの強い作品でした。

出版界の内情をこれでもかと暴露するような内容で、架空の話ではありますがノンフィクションに近い側面も感じられます。

大山哲の知人にも作家がいるのですが、彼からこのような話は聞いたことがありません。

彼もこのような世界で活動しているのかなと思うと、作家も大変だなと思ってしまいます。
夢を売る男の内容は、「ジョイント・プレス」という手法で本を出版している会社がおもな舞台になります。

この出版社では文学コンテストを開催して、一般人から応募作を集めています。

そこで落選した人に声をかけて、出版費用を作家も負担する形で(落選した作品を)出版させるのです。いわゆる自費出版です。

落選作を書いた人物をうまく説得(誘導)して自費出版の契約を結び、この出版社は利益を上げます。
この出版社の人間は、契約された作品が売れるとは思っていません。あくまでも契約によって生じる利益をおもな目的としています。

その一方で、契約した作品を書いた人にとっては、「出版のチャンスだ」「これで自分もプロ作家だ」という夢を得られるのです。やや非情な側面を描きつつ、面白いシステムがあるものだと興味深く読んでしまいました。


大山哲にも好きな作家が何人かいて、新作が出版されるたびに読んでいます。

夢を売る男では、プロ作家もごく一部をのぞいてあまり利益が出ていないことが書かれています。

どんな業界も厳しい部分がありますが、出版界に興味がある人ならおすすめしたい作品です。