読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!ガソリン生活

男性作家

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はガソリン生活です。

 

Amazon:ガソリン生活

f:id:ooyamasatoshii:20160927130532j:plain


ガソリン生活は2013年に朝日新聞出版から発売された文芸作品になっています。温かいエピソードが詰まっている長編家族小説です。

 

話は大学生の主人公が偶然出会った女優を目的地に送り届けるところから始まります。

そして、女優が事故死するのです。果たして本当に事故だったのかという謎を解くことが軸にストーリーが展開していきます。芸能記者と知り合うことがきっかけで事件に首を突っ込むようになるのです。

また、主人公一家がそれに巻き込まれていきます。さらには、物語の語り手が車になっているという構成です。そのため、街を走るたくさんの車たちのお喋りを楽しむことができます。車たちの語りによって、前代未聞のユーモアミステリーに仕上がっています。

そのうえ、家族が織りなす愛にあふれたチャーミングな要素もふんだんに盛り込まれているのです。

謎の事故死を追いながら、幸福感をしっかりと感じることができるスタイルになっています。
作者の伊坂幸太郎は1971年の千葉県生まれになっています。1996年に第13回サントリーミステリ大賞佳作を受賞して、2008年に「ゴールデンスランバー」で第21回山本周五郎賞と第5回本屋大賞を受賞しています。

伏線の張り方がうまいと評判になっていて、最後にたくさんたまった伏線を華麗に回収すると人気を集めています。

そのため、すべてがつながった時に素晴らしい爽快感を得ることができると多くのファンから信頼を集めています。清々しい読後感を可能にしてくれる貴重な作家として、知られています。そして、「アヒルと鴨のコインロッカー」や「ゴールデンスランバー」など映像化した作品も多いのです。

ミステリー作家でありながら、既存な概念にとらわれることなく新しい表現に次々と果敢に挑むという姿勢を確立しています。

そして、読者にも流れを掴ませないというスタイルを貫いていて、派手な展開が多いという特徴があります。

そして、常に緊張感をもって読み進めることができるというギャップを持ち合わせているのです。

そのため、エンターテインメント性が高く気軽に読み進めることができるという傾向があります。
大山哲はガソリン生活をとてもわくわくした気持ちで読んでいくことができました。そのため、この高揚感を多くの人と共有したいです。

まだガソリン生活を読んでいないという人には、大山哲はぜひ読んでもらいたい珠玉の一冊になっています。