読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲の今日の一冊!イニシエーション・ラブ

こんにちは。

大山哲が選ぶ今日の一冊はイニシエーション・ラブです。

イニシエーション・ラブ:Amazon

 

f:id:ooyamasatoshii:20161107180106j:plain

 

国民的アイドルの方がグループ卒業後に主演した映画化で、若いファン層にも一気にその作品名が周知された事も、記憶に新しいところですが、ここでご紹介するのは原作の小説です。


ちなみに原作は前半と後半に分けて綴られており、映画のストーリーとは違う世界観と時系列で描かれています。

 

舞台は遡る事1980年代後半、主人公の鈴木夕樹が成岡繭子と合コンで初対面する、当時の若者のライフスタイルが懐かしくも鮮やかに蘇る場面から物語の幕が上がります。


その後交際期間を経て卒業から就職で、夕樹は東京赴任となり、2人はいわゆる遠距離恋愛から、夕樹は職場で出会った石丸美弥子と、いわゆる二股に及ぶという、超定番の展開へと続きます。
一定年齢以上の読者各位にとっては「そりゃあまりにベタ過ぎでしょ」的な場面が散りばめられていますが、一方で自身の若かった当時が甘酸っぱく照れくさく蘇り、読み進める事が止められません。


残念ながら自称硬派でモテない学生時代を納得させていた大山哲には、この手の感情の揺れが記憶の中に見当たりませんが、それでも顔相を崩しながら、違和感無く最後まで読み進めました。

 

そしてラストシーンの描写もサラリと読み流そうとしたその時、思わず目を見開いた私は、登場人物名が誤植では無いかと疑うかのように目を見開き、複数回その部分だけを繰り返し確かめました。
「あっぱれ」「ヤラレタ」感が心地良く、完全に1本取られました。


私が果たして何を申し上げたいのか、それはぜひご自身でお確かめください。
ヒントは冒頭、原作は「前半と後半に」とご紹介しましたが、実はこれらは1本の時系列で繋がってはおらず、前半後半が同時進行の物語…ここまでにしておきましょう。

こうした世界観を映画という1つのスクリーンの中で描くのは至難の業で、この作品の最高の「要」となるこのマジックを、やはり描き切る事が叶わなかったみたいです。


ネット上の映画に関する口コミには辛辣な感想が多く、これら口コミで原作に対する負の先入観を抱いてしまわれないかと、正直心配していたりします。


誰が何と言おうと、イニシエーション・ラブは原作に限ると、ここに明言申し上げます。
出演者のファンだからと映画館に足を運ばれ、ガッカリ感を声にされた方々にもぜひ、大山哲に騙されたつもりで、原作をご一読いただければと切に願うばかりです。