読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!王とサーカス

男性作家

f:id:ooyamasatoshii:20161212154446j:plain

王とサーカス:Amazon

 

こんにちは。

大山哲が選ぶ今日の一冊は王とサーカスです。

 

著者は人気作家の米澤穂信です。ネパールで実際にあった事件をテーマにしています。物語は2001年のネパールを舞台にしています。

主人公は大刀洗万智という、フリー記者を務める女性で、長年勤めた新聞社を辞めフリーになったばかりの時に、雑誌社から受けた依頼でネパールの首都カトマンズに行くところから始まります。

カトマンズではバザールという市場が開かれていて、ところどころで祈りを捧げる人の姿も見られる賑やかな場所です。大刀洗万智は現地で知り合ったサガルという少年にガイドを依頼しますが、取材を始める前に、皇太子が王族8人を殺すという大事件が起こります。ちなみにこの事件は、ナラヤンヒティ王宮で実際に起きている事件です。

大山哲としては、実際に起きた事件をテーマにしているところが興味深いと感じました。

 

大刀洗万智にとっては、当初の取材とは全く違う事件ですが、記者魂に火がつき事件を取材しようとします。しかし場所が場所だけに、全く知らない土地で取材をするには余りにもミステリアスすぎて躊躇します。しかし新聞記者をしていたというプライドが、取材への意欲を取り戻します。危険が伴うと覚悟しながら取材を進めると、死体が発見され、背中に密告者という意味の言葉が書かれているのを知ります。

舞台はカトマンズですが、登場人物は少なく、ミステリー小説が好きな人には読みやすいと思います。ストーリーの後半には、大刀洗万智が記者というより、探偵さながらの推理とひらめきで事件の謎を解いていくところがまた面白く夢中になってしまいました。しかし最後にはきちんと記者として行動していきます。

 

一見単なる実話をもとにしたミステリアスさをアピールしている作品のように思えますが、実際にはジャーナリズムについて深く掘り下げ、それを小説にしています。本の中にはカメラの事や、ジャーナリズム、ジャーナリストについての事が度々登場します。あまり詳しく知らない人でも、抵抗なく読みすすめていけますが、カメラやジャーナリズムに詳しい人は、違った角度からストーリーを楽しめると思います。

 

ストーリーに関しては賛否両論あると思いますが、このボリュームを大山哲は一気読みしてしまいました。ジャーナリズムに精通しているわけではないけど、とても面白く夢中にさせてくれる一冊でした。まだ読んでいない方は是非読んでみていただければと思います。