読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!伝える力

男性作家

f:id:ooyamasatoshii:20161212173616j:plain

伝える力:Amazon

 

こんにちは。

大山哲が選ぶ今日の一冊は伝える力です。

 

「伝える力」はテレビでもお馴染みの池上彰が書いた本です。大山哲もテレビで度々拝見していますが、この人の話はとてもわかりやすく番組にも夢中になってしまいます。だからその人が書いた本なら面白いに違いないと思い読んでみる事にしました。

 

内容は、簡単に言えばビジネスマンに向けて、伝える力を身につけさせようという感じです。自己啓発本に近いところもありますし、読んでいてもさすが池上彰と思わせるような、わかりやすい解説で飽きる事なく最後まで読めました。

本の中で池上彰は、伝えるというのは言葉で伝えるだけではなく、書く事でも伝えられると言っています。まさにその通りなのですが、ビジネスにおいては最も重要な事と気づかされました。

 

池上彰は昔、子供向けのニュース番組を担当していました。とてもわかりやすく話をしている池上彰をもってしても、子供にはわかりやすく伝える事がとても難しかったそうです。大人はある程度知識があって、話を聞いてから質問を投げかけるけど、子供は全く知識がない状態で、思った事をストレートに口にするから、話している途中にバンバン質問が飛んできてかなり厄介だったと言っています。でもそんな厄介な相手に、きちんとわかりやすく話をして理解させてしまうのだから、やっぱり池上彰はすごいです。

 

この本で大山哲が一番心に残っているのは、人に伝えるためには、自分が深く理解する事が大切というところです。確かになんとなくわかっている事でも、それを人にわかりやすく説明するのはとても難しいです。なんとなくでは相手にもなんとなくしか伝わらないけれど、自分が深く理解している事は、相手に説明する時もきちんと伝えられますから。

全体的にシンプルで分かりやすい構成だから、ビジネスとは関係なく、人に何かを伝える時の伝え方がわからない人にもおすすめです。シンプルな事ほど難しいという事も、この本を読んで強く感じた事です。よく、サルでもわかるというフレーズがありますが、個人的にはこれが一番当てはまるように思います。

 

池上彰の話し方は、とてもわかりやすいだけではなく、丁寧に優しく話しかけます。元々こういう人と思っていましたが、実はいろいろな苦労をされていたという事もわかって、ますます好感度が上がりました。ビジネスだけでなく、実生活にも役立つ事は多いので、幅広い年齢層の人におすすめしたい一冊です。