読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

大山哲のこの一冊!ライ麦畑でつかまえて

f:id:ooyamasatoshii:20161212180602j:plain

ライ麦畑でつかまえて:Amazon

 

こんにちは。

大山哲が選ぶ今日の一冊はライ麦畑でつかまえてです。

 

著者は、J.Dサリンジャーという、有名な本です。読んだ事がない人でも、タイトルは聞いた事があるのではないでしょうか。

主人公のホールデン・コールフィールドは、病気の治療のため入院中です。病院のベッドで去年のクリスマスの事を語るというところからストーリーが始まります。高校を退学になると決まってから、寮を飛び出すまでの3日間の事を話していきます。

高校生だったホールデンは、寮で生活をしていましたが、成績が悪いために退学となってしまいます。退学する日に観戦予定だったフットボールの試合には行かず、歴史教師のスペンサー先生の家に挨拶に行きます。

この時、校長から「人生は競技と同じだからルールに従うべき」と言われた事を、スペンサー先生に話します。先生は校長を支持しますが、ホールデンはわかっていながら内心は「クソくらえ」と思っています。

寮に戻り読書をしていると、ルームメイトに邪魔をされます。その後ケンカとなってしまい、ホールデンは寮を飛び出します。この時「がっぽり眠れ低脳野郎ども」と悪態をつくところもホールデンらしいです。

 

その後たどり着いたホテルに変態がいたり、エレベーターで出会った売春婦を部屋に読んでひどい目にあったりと散々な夜を過ごします。16歳の少年にしては、かなり破天荒ですが、そんなホールデンには唯一の理解者がいます。

10歳の妹フィービーは、ホールデンのよき理解者でした。ホールデンにはもう1人アリーという弟がいましたが、アリーは既に死んでしまっています。フィービーに死んだ今もアリーの事が好きだと話すと、妹はそれを認めようとせず喧嘩になります。

ホールデンは家を飛び出し西部に行こうとしますが、フィービーは一緒にいくと言い、また喧嘩になります。そこに雨が降ってきていろいろあったホールデンは西部に行く気をなくし、結局フィービーとも仲直りをして、雨の中回転木馬に乗るフィービーを見て幸せな気持ちになるところで話は終わります。

 

大山哲は、昔この本を一度読んでいます。しかし若かった大山哲には、この本の良さがわからず、わけがわからない本という印象を持っていました。でも年齢を重ねてから読み直してみると、昔は理解できなかったホールデンの気持ちが理解できるようになった自分に気づきました。一見めちゃくちゃな事ばかりして、暴言ばかり吐いているけど、実は繊細で傷つきやすい優しい少年なのです。

一度読まれた方も、もう一度読み直してみると新たな発見があるかもしれません。