大山哲と本。

大山哲。本が大好きです。オススメの本や読みやすい本を紹介していきます。

男性作家

大山哲のこの一冊!ライ麦畑でつかまえて

ライ麦畑でつかまえて:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はライ麦畑でつかまえてです。 著者は、J.Dサリンジャーという、有名な本です。読んだ事がない人でも、タイトルは聞いた事があるのではないでしょうか。 主人公のホールデン・コールフィー…

大山哲のこの一冊!チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はチーズはどこへ消えた?です。 著者はスペンサー・ジョンソンという人です。心理学の学位を持つ医師で、他にもいくつかの著書があります。世界47カ国で翻訳され、累計4,600万部という…

大山哲のこの一冊!国家の品格

国家の品格:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は国家の品格です。 著者は藤原正彦です。タイトルや表紙を見ると何やら小難しい本のようで、敬遠してしまう人も多いかもしれませんが、とても深い内容で面白いというのが、率直な感想です。 仕事で…

大山哲のこの一冊!頭がいい人、悪い人の話し方

頭がいい人、悪い人の話し方:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は頭がいい人、悪い人の話し方です。 著者は樋口裕一です。タイトルから想像すると、頭がいい人と悪い人を比較している本なのかなと思ってしまいますが、実際には頭が悪い人を毒舌で…

大山哲のこの一冊!金持ち父さん 貧乏父さん

金持ち父さん 貧乏父さん:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は金持ち父さん 貧乏父さんです。 著者はロバート・キヨサキです。名前を見てもわかるように、日系アメリカ人です。ただし日本語よりも英語が得意なようです。金持ち父さん 貧乏父さん…

大山哲のこの一冊!伝える力

伝える力:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は伝える力です。 「伝える力」はテレビでもお馴染みの池上彰が書いた本です。大山哲もテレビで度々拝見していますが、この人の話はとてもわかりやすく番組にも夢中になってしまいます。だからその人が…

大山哲のこの一冊!グラスホッパー

グラスホッパー:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はグラスホッパーです。 著者は伊坂幸太郎です。角川文庫から出版されていますが、様々なジャンルが盛り込まれた新しい感覚の本という事もあって注目していた一冊です。2008年にはコミック化、20…

大山哲のこの一冊!きよしこ

きよしこ:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はきよしこです。 著者は重松清です。「きよしこ」は、吃音がある少年「きよし」が主人公です。ここでピンと来た方もいるかもしれませんが、大山哲は著者と主人公の名前が同じ事に気づきました。それも…

大山哲のこの一冊!それから

それから:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はそれからです。 それから、は誰もが知っていると言っても過言ではない、夏目漱石が書いた本です。 主人公の長井代助は30歳になっても定職にもつかない、今で言うニートをしていました。毎月の生活費…

大山哲のこの一冊!流

流:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は流です。 著者は、東山彰良です。第153回直木賞ノミネート作品という事でも話題になりました。1970年代の台湾を舞台にストーリーが展開されていきます。著者の東山彰良は台湾生まれの日本育ちだそうです。 …

大山哲のこの一冊!王とサーカス

王とサーカス:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は王とサーカスです。 著者は人気作家の米澤穂信です。ネパールで実際にあった事件をテーマにしています。物語は2001年のネパールを舞台にしています。 主人公は大刀洗万智という、フリー記者を務…

大山哲のこの一冊!夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は夢をかなえるゾウです。 ジャンルは自己啓発本ですが、ドラマ化やアニメ化されている事もあって、人気がある小説です。著者は水野敬也で、第2弾の夢をかなえるゾウガネーシャと、第3弾の夢を…

大山哲の今日の一冊!オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はオーデュボンの祈りです。 同作品は作者の伊坂広太郎氏のデビュー作で、果たしてどのジャンルに属するのか、簡単な判断が難しい、独自の世界観で物語が綴られています。大山哲流にご紹介す…

大山哲の今日の一冊!すべてがFになる

すべてがFになる:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はすべてがFになるです。 森博嗣氏作が描く密室殺人トリックの推理小説で、ある意味非日常的な舞台設定と物語の展開が、非日常空間へと私達読者を誘ってくれる、ズバリ大変面白い作品だとご紹介…

大山哲の今日の一冊!のぼうの城

のぼうの城:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はのぼうの城です。 この作品を大山哲流に一言でご紹介するなら「作者の和田竜渾身の戦国エンターテイメント」です。 ちなみに舞台は豊臣秀吉が天下統一を目指し、関東一円の支配者である反勢力の北…

大山哲の今日の一冊!オリンピックの身代金

オリンピックの身代金:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊はオリンピックの身代金です。 舞台は1960年代初頭の東京で、奇しくも戦後初の東京五輪開催を控え、高度成長期と称された時代背景が、当時をご記憶の世代の方々には懐かしく思える事でしょ…

大山哲の今日の一冊!謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は謎解きはディナーのあとでです。 作者の東川篤哉氏さん2011年の本屋大賞受賞作として知られ、映画化やテレビドラマ化され、いずれも大ヒットを記録した事も記憶に新しい、タイトルか…

大山哲の今日の一冊!白銀ジャック

白銀ジャック:Amazon こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は白銀ジャックです。 日本を代表する世界的俳優主演と豪華キャストの映画でも話題を呼んだ、東野圭吾氏ならではの本格派推理小説です。 舞台は主人公の倉田玲司の勤務先のスキー場に、ゲレンデの…

大山哲の今日の一冊!ノルウェイの森

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はノルウェイの森です。 ノルウェイの森:Amazon あまりにも有名過ぎる作品のご紹介に、数え切れない方々から「もうとっくに読んでるよ」との声が一斉に届きそうですね。 書店に山積みされた表紙の赤と緑を、瞬時に思い出…

大山哲の今日の一冊!白夜行

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は白夜行です。 白夜行:アマゾン これまで作者の東野圭吾さんの作品は数多く読んで来ており、それなりの通を自認している私大山哲が「これぞ東野圭吾の世界」とご紹介したい一冊です。 物語は大阪府の近鉄布施駅前の廃墟…

大山哲の今日の一冊!ワイルド・ソウル

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はワイルド・ソウルです。 ワイルド・ソウル:アマゾン 一気に読み終えた直後、作者の垣根涼介氏が、直訳すれば「豪放な魂」なる日本語が当てはまるタイトルをつけた意図が鮮明に突き刺さった、インパクト十分の作品です。…

大山哲の今日の一冊!坂の上の雲

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は坂の上の雲です。 坂の上の雲:あらすじ紹介ページ タイトルから国営放送でオンエアされ人気を博した、テレビドラマを連想された方も大勢いらっしゃるかと思いますが、ここでご紹介するのは司馬遼太郎氏の手による原作…

大山哲のこの一冊!カエルの楽園

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はカエルの楽園です。 カエルの楽園:Amazon 作者の百田 尚樹さんが日本という国、そして日本人を寓話になぞらえて描いたこの作品は、私達に数々の問題定義を届けてくれます。例えばダイレクトに「平和とは」と目や耳にす…

大山哲のこの一冊!海の見える理髪店

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は海の見える理髪店です。 海の見える理髪店:アマゾン 第155回直木賞受賞作の同小説の作者の萩原 浩さんは、親子、夫婦などさまざまな家族関係が織り成す物語を世に送り出し続けられています。 それらはセピア色の世界と…

大山哲のこの一冊!ガソリン生活

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はガソリン生活です。 Amazon:ガソリン生活 ガソリン生活は2013年に朝日新聞出版から発売された文芸作品になっています。温かいエピソードが詰まっている長編家族小説です。 話は大学生の主人公が偶然出会った女優を目的…

大山哲のこの一冊!新世界より

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は新世界よりです。 「新世界より」は、貴志祐介によるエンターテインメント小説で、2008年に第29回日本SF大賞を受賞した作品です。 Amazon:新世界より 物語の舞台は1000年後の日本、豊かな自然に抱かれた集落です。 主…

大山哲のこの一冊!阪急電車

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は阪急電車です。 有川浩さんが書いた小説で、以前映画にもなりましたからご存知の方がいらっしゃるかもしれませんね。 実は大山哲も、好きな女優さんが何人か出演していたので映画を見に行きました。 この本は、関西のロ…

大山哲のこの一冊!ドンナビアンカ

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はドンナビアンカです。 Amazonページ:ドンナビアンカ ドンナビアンカは41歳の純粋な男と27歳のはかない女が織りなす不器用な愛の形をつづった物語になります。 恋に落ちたことが罪だったのではないかと感じてしまうほど…

大山哲のこの一冊!横道世之介

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は横道世之介です。 吉田修一さんの作品で、もともとは新聞に連載されていた小説で、大山哲は連載当時から読んでいました。 とても印象的だったので、連載終了後に単行本が出版されたときもすぐ買って読んだほど好きな作…

大山哲のこの一冊!フォルトゥナの瞳

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はフォルトゥナの瞳です。百田尚樹さんの作品です。 百田尚樹さんの作品で1番有名なのは、やっぱり「永遠の0」ですかね。百田さんの作品なら、と私、大山哲は読んでみました。 今回は「フォルトゥナの瞳」です。 フォルト…

大山哲のこの一冊!残り全部バケーション

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は残り全部バケーションです。 Amazon:残り全部バケーション 全部バケーションは伊坂幸太郎の2015年の集英社から発売されている文庫本になっています。 5編からなる物語になっていて、当たり屋や強請りを生業とする裏稼…

大山哲のこの一冊!銀行狐

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は銀行狐です。 池井戸潤の2004年に講談社から発売されたミステリー小説になっています。 2015年のテレビドラマ「花咲舞が黙ってない」のエピソードが収録されています。そして、銀行ミステリーの傑作との呼び声が高い素…

大山哲のこの一冊!探偵の鑑定

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は探偵の鑑定です。 探偵の鑑定は2016年に講談社から発売されているミステリー要素の詰まっているハードボイルド作品になっています。 そして、ランキングの上位を独占するなど、注目度の高い一冊になっています。 紗崎玲…

大山哲のこの一冊!姉と弟

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は姉と弟です。 姉と弟は文芸春秋から2016年に出版されている時代小説の文庫になっています。 シリーズの第4弾になっていて、見延山の久遠寺の代参旅から家に戻ったお夕が父の下で修業を始めるのです。 そして、父が師匠…

大山哲のこの一冊!果断

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は果断です。 警察小説としては異色の、キャリア官僚ポストの人間を描いた作品で、絶妙のストーリー展開が最高でした。 大山哲が最近読んだ作品の中では、ピカイチの面白さがありました。 ストーリーとしては、家庭内不祥…

大山哲のこの一冊!ぼくは明日、昨日のきみとデートする

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はぼくは明日、昨日のきみとデートするです。 このお話は京都の美大生が一人の女性に一目惚れしたところから始まります。高嶺の花のようにも見える美しい彼女に、ある日主人公は意を決して声を掛けます。 行動の甲斐あっ…

大山哲のこの一冊!鴨川食堂

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は鴨川食堂です。 この本は、京都発の思い出の味を探せる本です。 昔食べた美味しいだけじゃなくて懐かしくて人の愛情が入っている温かい味、そんな味をこの鴨川食堂では感じます。 大山哲は、料理のリアルさに注目しまし…

大山哲のこの一冊!金融探偵

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は金融探偵です。 大山哲が「下町ロケット」を始め、著書を何冊も読んでいる池井戸潤さんの「金融探偵」は決して現実離れした内容ではなく、得てして今どこかの誰かがそのような状況になっているのでは、と思ってしまうよ…

大山哲のこの一冊!夢を売る男

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は夢を売る男です。 百田尚樹さんの作品で、出版社や作家志望者を取り巻く世界を舞台にしている小説です。 百田尚樹さんの作品は何冊か読んでいるのですが、この夢を売る男もなかなかインパクトの強い作品でした。 出版界…

大山哲のこの一冊!旅のラゴス

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は旅のラゴスです。 旅のラゴスとは、筒井康隆先生が1994年に出版された連作長編。 今尚人気を集めているこの小説は、学者のラゴスという男が各地を転々とし旅をする物語です。 大山哲がおすすめするポイントその1は、魅…

大山哲のこの一冊!七つの会議

こんにちは。 大山哲が選ぶ今日の一冊は七つの会議です。池井戸潤さんの作品です。 お話は社内で起きたパワハラを訴えるところから始まります。 訴えられたのはトップセールスマンでエリート課長である坂戸で訴えた側は坂戸より年上の万年係長である八角であ…

大山哲のこの一冊!大山哲のこの一冊!流星ワゴン

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は流星ワゴンです。 連続ドラマにもなったことで知られている重松清の話題作になっています。 2001年1月号から12月号まて講談社の月間小説誌で連載がされていました。2002年に単行本化されています。 過去にやり直したい…

大山哲のこの一冊!レインツリーの国

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はレインツリーの国です。 こちらは小説がお好きな人ならお馴染みの有川浩の作品で2006年に出版されました。 特徴としては同作者による人気のシリーズ「図書館戦争シリーズ」の「図書館内乱」に出てきたエピソードから生…

大山哲のこの一冊!起終点駅ターミナル

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は起終点駅ターミナルです。 映画化されたことでも話題になっている一冊です。 桜木紫乃は、北海道釧路市出身の作家になります。 抒情的な表現に多くのファンがいるという特徴があります。 北海道を舞台にした作品を書き…

大山哲のこの一冊!スクラップ・アンド・ビルド

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はスクラップ・アンド・ビルドです。 この本は、2015年の芥川賞受賞作です。4回目の候補で念願の受賞となりました。当時はお笑い芸人のピース又吉さんの「火花」がいろんな場所で取り上げられていましたが、今では作者の…

大山哲のこの一冊!くちびるに歌を

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊はくちびるに歌をです。 小学館から発売されていて、映画化されていることで話題にもなったヒット作品になります。 くちびるに歌をは、長崎県五島列島の中学合唱部が舞台になっている物語です。 合唱部の顧問の先生が産休…

大山哲のこの一冊!悼む人

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は悼む人です。 悼む人の作者は「家族狩り」や「永遠の仔」も執筆した天童荒太です。 本作は、2006年10月号から2008年9月号まで「オール讀物」に連載された後、加筆修正を経て、2008年11月に文藝春秋社より、単行本が刊行…

大山哲のこの一冊!神様のカルテ

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は神様のカルテです。この小説は、ドラマや漫画になるほど大人気になった医療系ストーリーです。 3日間以上の徹夜などというリアルな医師の状態を書いた、地方病院での話で主人公が腕前を見込まれて大学病院の最先端技術…

大山哲のこの一冊!弱くても勝てます

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は弱くても勝てます です。 民放でテレビドラマ化もされた小説ですので、名前くらいは聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。 弱くても勝てますは、東大合格者数一位を何度も獲得している名門私立・開成高校にあ…

大山哲のこの一冊!世界から猫が消えたなら

こんにちは。大山哲が選ぶ今日の一冊は世界から猫が消えたならです。 川村元気の著作であり、LINE連載小説という世界初となるスタイルで発表された連載小説になります。後に書籍化して70万部を突破してベストセラーとなり、2013年には本屋大賞ノミネートされ…